時代劇にはまる女性の日常

未分類

私が見てよかったのは「コウラン伝 」です。内容は雅は異人に手を見せるのです。雪よりも柔らかかった手にたこができたのです。うれしいと不敵な笑みでうれしいと聞いたのです。異人があなたはと聞いたのです。雅は異人にここまで愛してくれたら幸せと平気な顔で悪びれることなくいうのです。当然うれしいと考えるのです。異人は王女様にこれが愛だと誰が言うと反抗するのです。雅は異人に祖父が亡くなり祖母が政務を執り行ったのです。民を第一に考えていたから皆が絶賛したのです。祖父が亡くなった経緯を質問するのです。異人は王女に動じないで存じないと言うのです。祖父は側室を寵愛し祖母を廃妃にしようとしたのです。そうなれば太子の地位も危ういのです。祖母は伏せった祖父に汁物を届けにまもなく祖父は亡くなったのです。祖母が祖父を殺めたのは父と子が殺し合う悲劇を回避するためなのです。でもそれ以降父上は祖母と話さなくなったのです。異人に秘密にしてきたことがあると嬉しそうに言うのです。教えるけど誰にも言わないでと念を押すのです。異人は王女の秘密を黙って聞くのです。雅は異人に昔かくれんぼして祖母の寝台に隠れたのです。そこで甕を見つけたのです。大きさはこのくらいと手で表現するのです。中身は何だと思うと問いかけるのです。確かめる前に祖母が戻ってきたのです。でも知ってるのです。祖父は埋葬される時首がなかったと怖いことを異人に言うのです。雅は異人に怖がらないでと言って安心させるのです。私はあなたを殺さないのです。愛を示す方法は多様だと教えたいのです。奪うこともその1つなのです。私は自分に正直に生きるのです。いいことおとなしく待つよう諭すのです。読み物と琴を届けさせるのです。1編読み1曲弾いてればすべてが終わると言っておとなしく雅は去るのです。異人は檻の中で王女様待ってと必死に呼び止めるのです。異人は檻の中で手にけがをするのです。真夜中に侍女は檻の中で異人に抵抗しないかぎり皓?は無事と話すのです。異人が侍女にただ座っておけと聞いて琴を宮中物に頼んだら異人殿に「はい」と承知するのです。異人は檻の中で片方の手をけがしてる中琴を弾くのです。青竜(せりゅう)門で大勢の兵士が入ってくるのです。真夜中に外に出て皓?は公孫将軍に声をかけられるのです。皓?が琴の音が聞こえてくるのに気づいて公孫乾がこれは北から聞こえると気づいたのです。皓?は雅王女の居所と気づいたのです。あの曲を弾いてるのが分かるのです。公孫将軍はあの曲が分からない様子なのです。皓?が公孫将軍に昔聶政(じょせい)が苦心の末に韓の宰相韓傀(かんかい)を暗殺したのです。その話を基にした曲なのです。私が罪人所にいる時夫が弾いてくれたのです。危険を知らせるためなのです。今回もきっとそうなのです。公孫乾が皓?にご心配なく私が調べるから任せてと言うのです。夏雪は異人様に琴をおやめになるよう説得するのです。異人は侍女にそなたの主が弾くように言ったと返事を返すのです。夏雪は異人様に不安な気持ちになるから別の曲を弾いてとお願いするのです。異人は侍女にもういいと言って機嫌が悪くなり弾く気がないと断るのです。公孫乾が大勢の衛兵に王女の居所で囲まれて不届き者と言って自分の刀を見せるのです。真夜中に不韋が蛟王子の動きを羽王子に聞いたのです。羽は呂少府に燕と戦の件を朝臣と話し合ってると知らせるのです。兵は訓練を終え3日後には出陣ができるのです。問題はないはずと言ったら不韋が羽王子にそう願うと気にするのです。

タイトルとURLをコピーしました